手間のかかる相続の手続きは弁護士に任せよう

書籍

個人の希望を重視します

名古屋では、土地の相続などの場面が多く見られ、専門的な処理として弁護士に作業を依頼するケースも多く存在します。離婚問題なども多く発生する案件として、個人の希望や条件を満たすための専門家として、弁護士を起用するケースが増えています。

男女

事務所の探し方に困ったら

複数の名古屋のローン会社に借金をしていた、またはしているという方は、違法金利で借金返済をしていると、多くの過払い金がある場合があります。多額の過払い金があることがわかったら、過払いについて調べてから、弁護士事務所へ相談すると、後悔のない依頼ができます。

遺産分割協議と財産目録

相談

それぞれの役割とは

身内が亡くなったりした場合、相続手続きが必要になります。この際、亡くなった方の遺産をどのように相続人の間で分けるかについて話し合う重要な相続上の手続きが遺産分割協議です。この協議の場でだれに何を相続させるのかについてハッキリと決めることで後で揉め事がおきないようにするために行われます。この遺産分割協議の際に亡くなられた方の遺言書が残っていれば、基本的にはその遺言書に従って遺産を分割していきます。もしこの遺言書が残っていない場合、遺産は相続人全員の共有となります。民法上で決められた割合に基づいた法定分割を行います。しかし、この場合は遺産分割協議の場で話し合いで分割方法について任意に相続人間で決めることができます。この分割方法は協議分割と呼ばれるものです。この遺産分割協議の手続きは相続開始を知った日の翌日から10か月以内に完了するようにし、遺産分割協議書を作成して終えます。尚、遺産分割協議の際には財産目録を作成します。この目録とは亡くなった方の全財産の詳細について記録した書面のことです。故人の財産には預金や不動産、株券などのプラスの資産の他、ローンの残債といったマイナスの財産もあります。このような財産を全て網羅して記載することで最終的にどのような遺産があるのかを明らかにすることができます。この書面により、プラスの財産とマイナスの財産を相殺してプラスの財産が残るのか、マイナスの財産が残るのかにより限定相続などの相続方法を決めることができます。以上の手続きはご自分でも進めることができる手続きですが、不明な場合は早目に弁護士や税理士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。特に弁護士は士業のなかでも相続問題に対応できる権限が大きいので、効率的な相続に役立つとされます。また弁護士事務所を探すときは、相続問題を扱った経験が豊富な事務所に頼むといいでしょう。

メンズ

遺言を利用する場合

相続を考えた場合、被相続人が思う通りに財産を配分しようとした場合、遺言の活用が一般的です。遺言の作成にはルールがあります。このルールを逸脱した遺言は無効となります。東京あたりには多くの弁護士事務所があり、相続に強い弁護士もいますので、このような事がないよう相談する事が重要です。